「心地を描いて形を作る」 「Seat Design for Ridung Pleasure」

 

 TEL.03-3959-9648 〒174-0074 東京都板橋区東新町1-38-16


: トップページ : コンセプト : 会社案内 : スタッフ紹介 : アクセス : コラム : 商品紹介 : ブログ : 料金 : お問い合わせ :

: よくある質問 : メディア : 特定商取引 : ご依頼 ご注文の 流れ :




BMW C650 GT シート加工 (アンコ抜き・ローダウン加工) 紹介


  モデルは 身長 168cm 体重 78kg 
左側 加工後                             右側 加工前

BMW C650GT

シート加工(ローダウン・アンコ抜き) 紹介


加工料金 4万8000円 + 税 

納期 受注後 6日 程度

( 加工後のシートでも シートヒーター機能は純正と同じく使用できます )

   電子メールでの問い合わせは
 こちらをクリックしてください
 



BMW C650GT シート加工(アンコ抜き・ローダウン加工) 説明 (フロントシート部分のみ加工です)



C650GT は 

ニーグリップが出来ないので シートが大きめに出来ています。(スクーターの特徴です)

設計が 欧米の方が乗って安定感 安心感 が得られるように形になっている車両です。

シート高は 780mmですがシート(座面)広く 足つきが悪くなってしまうのが欠点です

もう一つ ネガティブなことは ステップボードの幅が広く

地面に足を着くとき 足が外側に開かなくてはならないので 踏ん張りが効きにくくなります。

C650GTは ギアチェンジやクラッチ操作が無いので スムーズに運転する事が出来ます

ネガティブな所はありますが それを帳消しにするくらい 魅力であふれているマキシム スクーターです。

欲を言うなら、、、

もう少し 足つきが良くなれば もっと素晴らしい車両になると確信します。



C650GTは シート加工(アンコ抜き)の依頼が 最も多い 車両です。

効果は とても大きく 足が3~5cmは伸びたような感じになります

シートスポンジの形状も 日本人体形に適している形状に最適な形状で仕上げます。


加工工数が多いので 少々割高に感じてしまわれるかと思いますが内容として
シートヒーターユニットの調整や ビニールレザーの張り直しが難しく
シートフレームの再使用がとても難しい 仕事として大変やりがいの有る加工依頼です
(シートフレームにタッカー(ホチキスの張りの大きいもの)が効かず リベット留めになります)

* BMW純正ローシートが部品でありますが シートヒーターが付いておりません
  今回紹介したシート加工はシートヒーター機能が前後使用できます



加工後のシート使い方は、、、

渋滞時や町乗り時は 前寄りに意識して乗っていただき 足つきを優先できます

高速道路等のロングラン時は シート後方に座っていただければ お尻にも優しく快適です

峠等のアグレッシブな運転時は シート前方から側面のつながりが良く

内腿に触れる感触が素晴らしく バンク中でもシートスポンジの形状が広く感じるような

緩やかな曲線を描いておりますので コーナーリング中もコントロールがしやすく 楽しく操作できます。


いかがでしょうか?

例えば 

運行前点検で行なう バックミラーの調整 や クラッチレバー等の動き タイヤの空気圧の確認 等 と 同じような

自分に合わせて調整する考え方を

座席でも行なうことが出来るのではないか と思われます。

自動車でしたら 高級車から農耕車両まで 座席の調整が出来ます。

オートバイに関しては 座席の調整が必要であるにもかかわらず

調整がしにくく 専門のお店に頼らなくては無くてはならない感じがいたします。

こちらのサイトをお読みになっている方々は意識が高く 紳士的な方々が多いと思われますので

オートバイ車両であっても 自分に合った着座位置で オートバイと触れ合う 事をお勧めいたします。

シートを調整することによって ナイス ライディング & セイフティー ライディング に繋がります。 


河名シート製作所のポリシーは

「心地を描いて形を作る」 ですが お客様がいなければ始まりません。

ベテランの方 ・ 初心者の方 ・ リターンライダーの方 これから始めようという方

些細な事でも相談してください

豊富な経験と実績がありますから アドバイスが出来ると思いますし

一緒に問題を解決しましょう。


皆様のご要望に全力で対応いたします。
お気軽に連絡をください。

よろしくお願い申しあげます



河名シート製作所
サドルコンサルタント 小野寺誠




BMW C650GT シート外し方 要点紹介


   1) シートフレームと車体ヒンジを
   止めている6本のねじを外します
   2) 手で押さえているコネクターを
   左側にねじります
   3) コネクターとシートフレームが
   写真のように外れましたら

   
4) 黒いコネクターと白いスペーサーを外します
 5) 写真のような状態で 真ん中の爪を

  左から(緑矢印方向)へ

  右に軽く押してください


6) 爪を押しながら 白いスペーサーを

 青矢印方向にスライドさせてください

 7) 白いスペーサーは簡単にが外すことが出来ます

注意 
 方向がわからないと イライラしますので
 よく写真を見てください
8) 白いスペーサーが抜けましたら

 シート最後部分を少し持ち上げ

 ヒンジとシート裏側に隙間が出来ますので
 
 黒いコネクターを隙間から車体前方に

 滑らせ 押し出してください



 こちらの手順であれば

 車体の部品等は外すことなく

 スマートにシートが車体から外せます。

 コツがわからなければ お電話をください。



  河名シート製作所 
         03-3959-9648