「心地を描いて形を作る」 「Seat Design for Ridung Pleasure」

 

 TEL 029-871-6040 〒300-1233 茨城県牛久市栄町1-22


: トップページ : コンセプト : 会社案内 : スタッフ紹介 : アクセス : コラム : 商品紹介 : ブログ : 料金 : お問い合わせ :

: よくある質問 : メディア : 特定商取引 : ご依頼 ご注文の 流れ :


BMW F850GS F750GS シート ローダウン 加工 (アンコ抜き加工)
 (Aパターン 潔く足つき重視の加工となります)


 
左側 シート加工後                                右側 シート加工前



BMW F750GS シート ローダウン加工(アンコ抜き) 紹介
( BMW 純正ローシートを加工 )

加工料金 2万5000円 + 税

納期 受注後 7日 程度

Aパターン 潔く足つき重視の加工となります)

 
   電子メールでの問い合わせは
 こちらをクリックしてください
 

 BMW F750GS シート ローダウン加工(アンコ抜き加工) 



BMW F750GS および F850GS のシートは共通部品ですが
F750GSには シート高が低いタイプのシートが装着されていることが多いですから

F750GS(スタンダード) + ローシート770mm について説明いたします。

ローシート770mm仕様は Aパターンの加工がメインとなります。
( Aパターン 潔く足つき重視の加工となります )
* Bパターンは F850GSのページで紹介しております
 (Bパターン 日本人好みのオールマイティーな性能を維持しつつ 足つき良く加工)



オーナー様の安心感 と 快適性を損なわず 足つきをよくする事が
アンコ抜き とか シートスポンジの最適化 と思っておりますが
最近 小柄な女性や初心者の方から
先ずは足つき良く安心感を得て慣れてきたら
シート高を好みに調整したいと考えているので

兎に角 今は足つき良く 低く 乗り心地は無視して構わない。
と オーダーを受けたりしますので こちらで説明させていただきます。


F750GS + 770mmシート Aパターン の 結論として

加工後は 足が20~25mmぐらい足が伸びたような安心感が得られます。
かなり 足つきが良くなります。
また 地面が近く感じ より一層 安心できます。



説明を要約すると

純正シート(日本仕様)はスポンジ形状がとても薄く幅広な形です
乗車時でも内腿がスポンジに常時触れていて 違和感を感じてしまいます。
また 停車時や足の踏み変え時
足を出した時 内股にゴリゴリとした感触があり 
足が外側に振られてしまう為 
しっかりと踏ん張りが効きません。

上記内容を踏まえて
F750GS ローシートはスポンジのストローク量が極端に少なく
(シートスポンジがほとんど入っていません)
シート高は大きく変わりませんが 足を出しやすくすることに重点をおいて
より一層 安心できる方向に調整します。

シートスポンジの形状をこのように調整します

・ フロントシート前側へ着座すれば スポンジの「幅」を適度に細く
・ フロントシート後方へ着座すれば スポンジの「幅」を出来る限り広く
・ フロントシート後方へ着座していても 足を出す時に 違和感を感じない「角」の調整





河名シート製作所のポリシーは

「心地を描いて形を作る」 ですが お客様がいなければ始まりません。

ベテランの方 ・ 初心者の方 ・ リターンライダーの方 これから始めようという方

些細な事でも相談してください
豊富な経験と実績がありますから アドバイスが出来ると思いますし
一緒に問題を解決しましょう。

もちろん オーナ様が 乗り心地は無視して構わないから 足つき重視でお願いと
申されれば そちらの方向で上手にシート加工をいたします。

このように 皆様のご要望に全力で対応いたします。

お気軽に連絡をください。

よろしくお願い申しあげます