「心地を描いて形を作る」 「Seat Design for Ridung Pleasure」

 

 TEL 029-871-6040 〒300-1233 茨城県牛久市栄町1-22


: トップページ : コンセプト : 会社案内 : スタッフ紹介 : アクセス : コラム : 商品紹介 : ブログ : 料金 : お問い合わせ :

: よくある質問 : メディア : 特定商取引 : ご依頼 ご注文の 流れ :


BMW G310GS  シート ローダウン 加工 (アンコ抜き加工)

Aパターン および Bパターン(ハイグレード加工) 広告



Bパターン 紹介 (ハイグレード加工)
日本人好みのオールマイティーな性能を維持しつつ 足つき良く加工


左側 加工後 右側 加工前 
BMW G310GS シート ローダウン加工(アンコ抜き)

 Bパターン もしくは ハイグレード加工

日本人好みのオールマイティーな性能を維持しつつ 足つき良く加工)

*表皮は既存の物を再使用いたします

加工料金 2万7000円 + 税

納期 受注後 7日 程度


2019/06/01より ハイグレード加工の名称をBパターンとします

Bパターン 説明


イメージとして
Bパターンは Aパターンより もっと 安心感と絶対的なモノを! とお考えの方にベストマッチいたします。

ローシートより足つきが良く 尚且つ ツーリング性能も合格点が出せるように調整する。
と言う感じでしょうか。 

足つきを良くするために 

標準シート高(835mm)を加工するのですが
シートフレームをスリム化し BMWメーカーオプション部品 ローシート(820mm)を選択するよりもとても良い効果が得られます

効果として 4~5cmぐらい足が伸びたような感じになり ツーリング性能も大変優れております。

操作感は 足の踏みかえも楽に行えますし 踏ん張りが凄く効くようになります。
       サイドスタンドを終う時も安心です。

シートフレームのスリム化とは
シートの台座である プラスチック部分(足つきに大きく貢献する場所)を 切断し調整することです。


加工内容として シートスポンジを削り調整するのですが
シート高が一番低くなっている場所を規準に 後方へおおよそ水平に削ってゆきますので
着座位置部分は ほとんど高さが変わりません 


純正標準シートのスポンジ形状は
運転中 常時スポンジの角が内腿を圧迫する形状になってしまいます。

股関節から内腿にかけて気になる部分(スポンジの角)を違和感が出ないように
それから シート中央から後ろ側にも姿勢を維持できるように
スポンジ形状を整えます。

画像の赤丸部分をご覧ください。
加工前のシートは スポンジが角張っているので 光加減が筋のように見えます
加工後のシートは スポンジの角が緩やかなので 光加減がなだらかに見えます。
この部分(スポンジ)をなだらかに調整する事はとても難しく
経験と実績がものを言う領域になるかと思われます。
このようなイメージでスポンジ形状を整えますと
意図しなくても足つきが良くなり 楽に姿勢が良くなります。

 

他社様にて テストしていただいた 記事があります。

 

シート ローダウン加工 Bパターン( 旧 ハイグレード加工 )

( こちら モトラッド相模原様 FB )


オーナー様のお好みを指示していただければ
担当作業員が多くの経験から導かれたベストなセティングで調整いたします。
オーナー様は煩わしいことや心配されることはありません
弊社へお任せください。

きっと喜んで頂けるものと思っています。



BMW G310GS 
Aパターン 紹介


左側 加工後 右側 加工前
BMW G310GS シート ローダウン加工(アンコ抜き)

Aパターン

*表皮は既存の物を再使用いたします


加工料金 2万3000円 + 税

納期 受注後 5日 程度


 

Aパターン 説明


イメージは
ローシートより足つきが良く 尚且つ ツーリング性能も合格点が出せるように調整する。
と言う感じでしょうか。 

足つきを良くするために BMWメーカーオプション部品 ローシート(820mm)をチョイスするよりも
標準シート高(835mm)を加工された方が とても良い効果が得られます
効果として 2cmぐらい足が伸びたような感じになり ツーリング性能も大変優れております。

ローシート(820mm)よりも使い勝手が良く 心地が良いシートに加工できます。


加工内容として シートスポンジを削り調整するのですが
シート高が一番低くなっている場所を規準に 後方へおおよそ水平に削ってゆきますので
着座位置部分は ほとんど高さが変わりません 


純正標準シートのスポンジ形状は
運転中 常時スポンジの角が内腿を圧迫する形状になってしまいます。

股関節から内腿にかけて気になる部分(スポンジの角)を違和感が出ないように
それから シート中央から後ろ側にも姿勢を維持できるように
スポンジ形状を整えます。

画像の赤丸部分をご覧ください。
加工前のシートは スポンジが角張っているので 光加減が筋のように見えます
加工後のシートは スポンジの角が緩やかなので 光加減がなだらかに見えます。
この部分(スポンジ)をなだらかに調整する事はとても難しく
経験と実績がものを言う領域になるかと思われます。
このようなイメージでスポンジ形状を整えますと
意図しなくても足つきが良くなり 楽に姿勢が良くなります。


オーナー様のお好みを指示していただければ
担当作業員が多くの経験から導かれたベストなセティングで調整いたします。
オーナー様は煩わしいことや心配されることはありません
弊社へお任せください。

きっと喜んで頂けるものと思っています。


河名シート製作所のポリシーは

「心地を描いて形を作る」 ですが お客様がいなければ始まりません。

ベテランの方 ・ 初心者の方 ・ リターンライダーの方 これから始めようという方

些細なことでも構いませんからご連絡をください
豊富な経験と実績がありますから 何かしら返答が出来るかと思われますし
難しい事柄であれば一緒に問題を解決いたしましょう。


河名シート製作所は皆様のご要望に出来る限り全力で対応いたします。

よろしくお願い申しあげます


河名シート製作所
サドルコンサルタント 小野寺誠