「心地を描いて形を作る」 「Seat Design for Riding Pleasure」

 

 TEL 029-871-6040 〒300-1233 茨城県牛久市栄町1-22


: トップページ : コンセプト : 会社案内 : スタッフ紹介 : アクセス : コラム : 商品紹介 : ブログ : 料金 : お問い合わせ :

: よくある質問 : メディア : 特定商取引 : ご依頼 ご注文の 流れ :


BMW R1250GS  ・ BMW R1200GS LC シートローダウン加工
 Aパターン  紹介


各パターン概要

 Aパターン    潔く足つき重視の加工




Aパターン 紹介 (潔く足つき重視の加工) 
純正ローフロントシート 820/840mm シート 紹介



   
   
左側 加工後  右側 加工前

BMW R1200GS LC R1250GS

純正ローフロントシート 820/840mm
シートローダウン加工 (Aパターン)

*表皮は既存の物を再使用いたします


加工料金 2万5000円 + 税

納期 受注後 5日程度

( Aパターン 潔く足つき重視の加工となります )




Aパターン 説明


純正シートで最大限足つき良く コストパフォーマンスに最も優れた加工となります。
潔く足つき重視の加工とイメージしていただくと解りやすいかと思われます。)

純正部品 ローフロントシート 820/840mmを加工し 最も足つきが良いシート形状に仕上げます。


加工内容として
シートフレーム(プラスチックの台座)とスポンジモールド(スポンジ成形品)の兼ね合いを見極めて
スポンジを削り調整するのですが


足つきが良くなるように
シート高が一番低くなっている場所から着座位置にかけて
違和感が出ないようにスポンジ形状を整えます。

画像の赤丸部分をご覧ください。
加工前のシートは スポンジが角張っているので 光加減が筋のように見えます
加工後のシートは スポンジの角が緩やかなので 光加減がなだらかに見えます。
この部分(スポンジ)をなだらかに調整する事はとても難しく
経験と実績がものを言う領域になるかと思われます。

Aパターンの加工では 足が20mm~25mmぐらい伸びたように感じると思います
操作感は 足の踏みかえも楽に行えますし 踏ん張りが最も効くようになります。
       サイドスタンドを終う時も安心です。


オーナー様の安心感 と 快適性を損なわず 足つきをよくする事が
アンコ抜き とか シートスポンジの最適化 と思っております

今は慣れるまで 足つき良く と ご依頼をいただきますので こちらで説明させていただきました。


社外ローシートも素敵ですが
こちらのシート加工はとても魅力的です。



R1250GS ・R1200GS LC (水冷)は流石に舶来品の設計なので 日本の方々は車両の重さや
足つきに戸惑うことがあるかもしれません

車輌重量が重く ・ シート高がカタログ数値ではそれほど高くない車輌なのですが
足つきが悪く停車時には不安を感じると オーナー様方から 多くお問い合わせをいただきます。

GSはサスペンションのストローク量が長く
停車しようとした時にお釣りが来た瞬間 足払いを受けたようになることが多く 
足が地面についても踏ん張りが効かず ヒヤヒヤする事が有るかと思います。

足つきに不安を感じる方が多い車輌ですから「アンコ抜き」の依頼を受けます。

シートを調整することによって
足つきが良くなったりすれば安心感が得られ 心の余裕が生まれます。
よって ナイス ライディング & セイフティー ライディング に繋がると信じております。



河名シート製作所のポリシーは

「心地を描いて形を作る」 ですが お客様がいなければ始まりません。

ベテランの方 ・ 初心者の方 ・ リターンライダーの方 これから始めようという方

些細なことでも構いませんからご連絡をください
豊富な経験と実績がありますから 何かしら返答が出来るかと思われますし
難しい事柄であれば一緒に問題を解決いたしましょう。


河名シート製作所は皆様のご要望に出来る限り全力で対応いたします。

よろしくお願い申しあげます


河名シート製作所
サドルコンサルタント 小野寺誠