「心地を描いて形を作る」 「Seat Design for Ridung Pleasure」

 

 TEL.03-3959-9648 〒174-0074 東京都板橋区東新町1-38-16


: トップページ : コンセプト : 会社案内 : スタッフ紹介 : アクセス : コラム : 商品紹介 : ブログ : 料金 : お問い合わせ :

: よくある質問 : メディア : 特定商取引 : ご依頼 ご注文の 流れ :


   BMW  R1200GS LC (水冷) ローシート 「 プレステージ R-GSFLC 」 広告


 
 
 


河名シート製作所 ローシート

商品名 「プレステージ R-GSFLC 」

価格   10万円 + 税

納期  受注後 2週間 程度
     
   電子メールでの問い合わせは
 こちらをクリックしてください




河名シート製作所 プレステージR-GSFLC 商品 説明




BMW  R1200GSLCは大変素晴らしいオートバイです

これ以上の上質な車両はおそらく無いだろうと思われます
流石に舶来品の設計なので 日本の方々は車両の重さや
足つきに戸惑うことがあるかもしれません

純正シートからプレステージR-GSFLCローシートに交換すれば
ものすごく安心感が得られます
不安を取り除いてファンタスティックに楽しみましょう

もちろんシート高が低いだけの商品ではございません

しっかりとして しかも ソフトに感じる スポンジがライダーを
サポートしてくれます

都合がいい話ですが
「シート高が低くて 乗り心地のよい座席」 を目標に
これまでの努力と経験 それにも増して皆様のお力添えにより
素晴らしいシートを作り上げることが出来ました。

どうぞお手にとって試してください。
きっと喜んでいただけると思っております。



気になるスペックですが 純正シートの一番低いところから
マイナス40mmとなります。

シート高はカタログ数値より-40mmですが

シートスポンジ形状が素晴らしいので
おおよそ50~60mmぐらい足が伸びたような感じになると思います。
安心感・安全性・快適性どれをとっても高次元でバランスよく
仕上がっております


ローダウンサスペンション(BMWオーダー車両)へ
R1200GS LC に プレステージR-GSFLCを取り付けてみました。
ご覧ください。

 

* サンプルは モトラッド羽田 に 展示中
http://ameblo.jp/motorrad-haneda/entry-11514885387.html 


* サンプルは モトラッド バルコム広島 に 展示中
http://bmw2.balcom.jp/blog/hiroshima/2013/12/16145.html


* サンプルは 福田モータース に 展示中


大切なことなので二度お伝えします。
スペックは 純正シートの一番低いところを規準に計測し 40mm低くなります。
河名製シートフレーム(シート台座)の採用により
スポンジストロークを十分確保しましたので 低く見えますが しっとりとした 乗り心地を実現しております。
純正シートで採用されていた 上下2段階調整も可能です。
もちろん工具は必要としませんので
低い乗車位置・高い乗車位置の切り替えが簡単に行えます。
とても使い勝手が良いです
(こちらの商品はBMW純正タンクバックの併用は出来ません。)
(SW-MOTECH: クイックロック タンクリング を使えばタンクバック等が装着できます)




*こちらの商品はシート加工ではなく 1個の部品「シート」の販売となります。






画像をご覧になってください。 下へ進むと説明文があります。

    「 マイナス40mmのシート高 」

 車体のデザインと シートのデザインが
 とても良く融合されている と 思います


 表皮(ビニールレザー)は
 リアシートと同じように見える質感のものを一部使用しております
 フロントシートを取り替えても質感が損なわれず
 なかなか良いと思われます

 縫合箇所の防水処理もしてあります
     「 質感 の 向上 1 」

  シート取り付け位置は
  フロントシートを 低い位置に
  リアシートを 後側にセットした 画像です

  車体とシートのはめ合いが良く 
  隙間を極力なくし 車体の質感向上を図っております

  
    「 質感 の 向上 2 」   

  シート取り付け位置は
  フロントシートを 高い位置に
  リアシートを 後側にセットした画像です
 
  
 * 特筆すべき点ですが
  フロントシートを 高い方や低い方でセットしても
  デザインが優れていることです
 
     「 背もたれ効果 の 向上 1 」

  シート取り付け位置は
  フロントシートを 低い位置に
  リアシートを 前側にセットした画像です

  高速道路での走行時に
  ポジションを後ろ側にしていただければ
  自動車のような背もたれ効果が得られます
    「 背もたれ効果 の 向上 2 」

  シート取り付け位置は
  フロントシートを 高い位置に
  リアシートを 前方にセットした画像です
 
  車体とシートのはめ合いが良く 
  隙間を極力なくし 車体の質感向上を図っております

  高速道路での走行時に シートを高い位置にセットし
  ポジションを後ろ側にしていただければ
  自動車のような背もたれ効果が得られますし
  足の屈折が緩やかになります
    「 取り付け手順 1 」 

  赤丸の部品(ゴム2個)を取り外せば
  プレステージR-GSFLC が取り付けできます

  プレステージR-GSFLCは
  低いポジション・高いポジション どちらでも使えます
  (取り付けや二段階の高さ調整をするときに 工具は必要ありません)
  (純正シートと同じく メインキー 一つで行なえます)
     「 取り付け手順 2 」

* 低いポジションの取り付けは
  青丸の部品 「 L 」 マークを上面にして
  緑丸の部分を前側に倒しこんでください

* 高いポジションの取り付けは
  青丸の部品 「 H 」 マークを上面にして
  緑丸の部品を後ろ側に倒しこんでくだささい


  工具は必要ありません


プレステージR-GSFLCローシート使い方は、、、

渋滞時や町乗り時は 前寄りに意識して乗っていただき 足つきを優先できます

高速道路等のロングラン時は シート後方に座っていただければ お尻にも優しく快適です

峠等のアグレッシブな運転時は ガソリンタンク側面とシートの側面のつながりが良く
内腿に触れる感触が素晴らしく バンク中でもシートスポンジの形状が広く感じるような
緩やかな曲線を描いておりますので コーナーリング中もコントロールがしやすく 楽しく操作できます。



純正シートも大変すばらしいですが
例えば 
運行前点検で行なう バックミラーの調整 や クラッチレバー等の動き タイヤの空気圧の確認 等 と 同じような
自分に合わせて調整する考え方を
座席を取り替えることで運転者にマッチングさせる事が出来ると思われます。

自動車でしたら 高級車から農耕車両まで 座席の調整が出来ますし
好みのものをアフターマーケットパーツから選択することも可能です
価格は良質メーカーの物でしたら一脚 車両価格の一割以上になると記憶しております。

オートバイに関しては 座席の調整が必要であるにもかかわらず
調整がしにくく 専門店に頼らなくては無くてはならない感じがいたします。

こちらのサイトをお読みになっている方々は意識が高く 紳士的な方々が多いと思われますので
オートバイ車両であっても 自分に合った着座位置で オートバイと触れ合う事を お勧めいたします。

シートを自分に合わせることによって ナイス ライディング & セイフティー ライディング に繋がります。 


河名シート製作所は皆様のご要望に全力で対応いたします。
お気軽に連絡をください。

よろしくお願い申しあげます




サドルコンサルタント 小野寺よりコメント

今回のニューR1200GS水冷は素晴らしいです。
「 すべて軽い! 軽快と言う言葉が形になった オートバイ!!」  と感じました。
水冷GSとプレステージR-GSFLCとのマッチングがなかなか良く 乗り心地が抜群に良いです
素材のフレームと車体バランスが良かったので
より一層 良くなりました。 40mm低くなっているのに 50~60mm足が長くなった、、、 と書いてありますが
シートフレーム(シート台座)の幅と高さの兼ね合いで作ってありますから
不思議に思われることでしょうが 本当に足が伸びたような感じになります。
( 足の付け根の開脚角度が少なくなるように スポンジ形状を整えております)
足が地面に着くだけではなく
しっかりとふんばりが効きますので 大きな車両でも安心して運転が出来ます。

これ以上低くはできない構造までシートフレームを煮詰めていますから
今後 他メーカーが同じような商品を出してきても
まったく心配することはありません
プレステージR-GSFLCはいつでもトップに位置すると確信しております。

今までは GSに憧れても シート高に悩まされていた方々が多いと伺います
これからは シート高は気にせずに楽しめる時代となりました。

より多くの方々に GSを楽しんでいただきたいと願い まごころを込めてシートを一つ一つ作ってゆきますので
是非お手に取っていただき 試乗してください。

よろしくお願い申し上げます。

2013.06.01. サドルコンサルタント 小野寺誠