「心地を描いて形を作る」 「Seat Design for Ridung Pleasure」

 

 TEL 029-871-6040 〒300-1233 茨城県牛久市栄町1-22


: トップページ : コンセプト : 会社案内 : スタッフ紹介 : アクセス : コラム : 商品紹介 : ブログ : 料金 : お問い合わせ :

: よくある質問 : メディア : 特定商取引 : ご依頼 ご注文の 流れ :


BMW R nine T シート加工  ハイシート加工(スポンジ入れ替え加工) 紹介


   
   
左側 シート 加工後   右側 シート 加工前

 ハイシート加工

加工料金 65000円+税

納期2週間程度

 
  
   電子メールでの問い合わせは
 こちらをクリックしてください

 


 BMW R nine T ハイシート 加工 (スポンジ入れ替え加工) 紹介



R NINET は カフェレーサータイプ の オートバイです。
エンジンやフレームがやはりBMWの真骨頂を発揮してしまい
ツーリングに出かけたくなる ちょっと困った性格のオートバイだと思います。

ツーリングに適していないと思われるのは
シートとステップ位置のセティングが今一歩なライディングポジションになってしまっているのだと思われます。
シートはスポンジストローク量が少なく お尻の痛みが出やすく
ステップはやや前よりで 上にセットされていますので
ライディング時 荷重を掛けにくく踏ん張りが効きにくいです。
(止まるときは足を降ろす時に引っかかりやすいので 外に足を出すと踏ん張りが効かないし、、、。)
と ウイークポイントがはっきりしている デザインだと感じます。

ステップは アフターマーケットの部品が有るので選び放題ですが
シートは カフェレーサーライクなデザインの物が多く いわゆる「薄いペタンコ系」が多くツーリングに適している
物はなかなか見当たりません。

R NINETはスタイルが素敵で軽量な車両だからこそ どうしても乗りたくなります
「もう少し! できたら 2時間は休憩なしで乗り続けられれば、、、。」と 願うオーナー様方は多いと思います。

その様な車両なので 大凡 お尻の痛みについて相談を受けます。

多くのお客様の意見を要約すると
* 見た目は純正シート(セパレートタイプ)でリアシートはノータッチで!
* 乗り心地は会陰(俗称とわたり)が圧迫されず お尻全体で座りたい
* 2時間は連続して乗っていられる心地良さが欲しい

上記 3項目が課題となります。

弊社からお答え出来るサービスはこの様な感じになります
加工内容としてフロントシートのスポンジ交換と形状変更となります。
お尻の痛みに敏感なお客様でもご要望はクリアできると思います。

加工内容を少々説明いたします
*お客様の身長と体重と以前の車歴等をお伝えしていただき判断します。
*純正のレザーを再使用しスポンジの入れ替え作業をいたします。
*使用するスポンジは「高密度 ポリウレタンスポンジ X-0368」を使い適度な硬さとしなやかさを両立した最高級品となります。
*スポンジの形状は
横方向から見ると フロントシート最先端分(タンク側)から地面と水平にリアシートにかけて適度な曲線を描き形成されます。
縦方向から見ると フロント側は幅が狭く リア側に向かって幅が広がり 内腿に嫌な圧迫感が感じないよう角がとれた曲面で成形されます。
(イメージでお伝えすると R1200GS LC  標準シート
52538532737 を ちょっと小振りにしたような形状と思ってください)
(諄いようですが R1200GS LC の ローフロントーシート52538532744 ではありません。 ローフロントシートはアウトです

上記の加工を施せばお客様に喜んでもらえるシートが出来あがります。

 
 スポンジ入れ替えの様子



加工後は心地よいライディングを楽しんでいただけると思います。

見た目は 純正レザーを再使用いたしますので 大きくデザインは変わりません。

足つきも悪くなりませんので fun to riding を味わってください。



補足: 弊社のシート加工とこちらのステップは抜群に相性が良かったです。


加工後のシート使い方は、、、
渋滞時や町乗り時は 前寄りに意識して乗っていただき 足つきを優先できます
高速道路等のロングラン時は シート後方に座っていただければ お尻にも優しく快適です
峠等のアグレッシブな運転時は ガソリンタンク側面とシートの側面のつながりが良く
内腿に触れる感触が素晴らしく バンク中でもシートスポンジの形状が広く感じるような
緩やかな曲線を描いておりますので コーナーリング中もコントロールがしやすく 楽しく操作できます。
足つきが良くなった分 心の余裕ができますので



いかがでしょうか?

例えば 
運行前点検で行なう バックミラーの調整 や クラッチレバー等の動き タイヤの空気圧の確認 等 と 同じような
自分に合わせて調整する考え方を
座席でも行なうことが出来るのではないか と思われます。
自動車でしたら 高級車から農耕車両まで 座席の調整が出来ます。
オートバイに関しては 座席の調整が必要であるにもかかわらず
調整がしにくく 専門のお店に頼らなくては無くてはならない感じがいたします。

こちらのサイトをお読みになっている方々は意識が高く 紳士的な方々が多いと思われますので
オートバイ車両であっても 自分に合った着座位置で オートバイと触れ合う 事をお勧めいたします。

シートを調整することによって ナイス ライディング & セイフティー ライディング に繋がります。 


河名シート製作所のポリシーは

「心地を描いて形を作る」 ですが お客様がいなければ始まりません。

ベテランの方 ・ 初心者の方 ・ リターンライダーの方 これから始めようという方

些細な事でも相談してください
豊富な経験と実績がありますから アドバイスが出来ると思いますし
一緒に問題を解決しましょう。


皆様のご要望に全力で対応いたします。
お気軽に連絡をください。

よろしくお願い申しあげます